366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g

  1. ホーム
  2. ハンドメイド
  3. 素材
  4. 材料
366円 35%OFF 366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g

超希少!ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g

366円
フルーティで美味しい! 100☆数量限定☆激安♢超希少さざれ【ボリビア産インカクリスタル♢100g】❤️ 366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g 366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g なるべく漂白はしたくなかったものの、お気に入りの服に経年劣化によるシミが出来てしまい、最後の手段として購入。これまで家では食器用洗剤や重曹、ウタマロ石鹸を試し、クリーニングにも出してもびくともしなかったシミが落ちました!心配していた漂白による色落ちもなし。捨てる覚悟で挑みましたが、本当に買ってよかったですし、かなり簡単に使えました。これからは家にストックしておこうと思います。 ヒマラヤ クル渓谷 産アイスクリスタル さざれ水晶 366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g 柔軟剤が入ってない中性洗剤を探してこちらを購入。よくゆすいでも、ちょっと匂いが残ります。あんまり、いい香りではないですが、使用をやめるほどではなく、使えています。 売れ筋がひ贈り物! 300☆数量限定☆激安♢超希少さざれ【ボリビア産インカクリスタル♢300g】❤️ 超希少】ボリビア産 インカクリスタル 大粒さざれ石 超希少】ボリビア産 インカクリスタル 大粒さざれ石 税込) 各種パーツ 素材/材料-www.tsrplc.com 楽天市場】さざれ石 水晶 大きめサイズ 100g パワーストーン 有機で遮光瓶、低音圧搾、無添加…など条件に合致。お値段も手頃。オメガ3、サプリでとるより、こちらの方が自分にあっています。
光合成細菌PSB50L用培養セット 関連:めだか金魚ミジンコクロレラH キャットタワー 猫用品 ネコタワー
366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g 超希少】ボリビア産 インカクリスタル 大粒さざれ石 楽天市場】さざれ石 水晶 大きめサイズ 100g パワーストーン
京伊 5
有機で遮光瓶、低音圧搾、無添加…など条件に合致。お値段も手頃。オメガ3、サプリでとるより、こちらの方が自分にあっています。

366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g
ねこ 5
なるべく漂白はしたくなかったものの、お気に入りの服に経年劣化によるシミが出来てしまい、最後の手段として購入。これまで家では食器用洗剤や重曹、ウタマロ石鹸を試し、クリーニングにも出してもびくともしなかったシミが落ちました!心配していた漂白による色落ちもなし。捨てる覚悟で挑みましたが、本当に買ってよかったですし、かなり簡単に使えました。これからは家にストックしておこうと思います。

ばあば 4
フルーティで美味しい!

366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g
366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g
366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g
366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g
366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g
366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g
366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g
通りすがり 4
柔軟剤が入ってない中性洗剤を探してこちらを購入。よくゆすいでも、ちょっと匂いが残ります。あんまり、いい香りではないですが、使用をやめるほどではなく、使えています。

366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g

366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g

商品の状態新品、未使用
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域奈良県
発送までの日数1~2日で発送


【神秘的なすりガラス状の水晶の結晶 インカクリスタル】  ウユニ塩湖の南、大規模なインカ帝国の遺跡のあるリカンカブール山【標高5916m】の標高3800mの高地にて産出した、すりガラス状の神秘的なクリスタルです。 何万年も厳しい大地にさらされた結晶は、手触りも通常の水晶と違い、水滴がついているような滑らかで不思議な感触です。 形状もとがった部分や丸みを帯びた部分など様々で、不思議な形状で産出されます。 ネックレスやピアスなど天然石アクセサリーにいかがでしょうか。 浄化やお守りにも^^ 100g入り 5袋在庫ございます。 おまとめ割引しております。2点目以降100円割引します。 ※石のサイズはランダムです。  ※天然石ですので細かなカケや凹み、歪な部分やクラックなどがある場合があります。 ※天然石商品には色みに個体差があります。 また出来る限り自然な色みになるよう撮影を心がけておりますが、お使いのディスプレイ環境によって表示される色みに差が出る場合があります。 ご了承ください。 ※採掘したままのものですので、汚れ等が気になる際は水で洗浄して下さい。 #インカクリスタル #水晶 #ハンドメイド #原石 #パワーストーン #sunjewel #天然石

366円 公式の店舗 超希少 ボリビア産 インカクリスタル 大粒 さざれ石 たっぷり100g

 

©︎Pooneh Ghana


テキサス州のサイケロックバンドThe Black Angelsが、ニューシングル「Empires Falling」のPVを公開しました。

 

この曲は、今週金曜日(9/16)にPartisan Recordsから発売される『Wilderness of Mirrors』からの最新シングルとなっています。Craig Staggsが監督したミュージックビデオは以下からご覧下さい。


バンドはプレスリリースを通じて以下のようなメッセージを送っている。「"Empires Falling "は、暴力的な大量破壊を繰り返す人類の歴史を再度検証しなおそうという、批判的で反射的な訴えが込められている」

 

 サビで言っているように、『それは何度の繰り返される負の歴史』である。私たちは、常に、”Wilderness Of Mirrors”の中に生きている。何が正しくて、何が間違っているか、上と下、真実と嘘を見極めることさえ難しい。この時代を、人類の運命を左右するパニック状態から別の状態にナビゲートしていこうという意図がある。

 

 現在の世界は言わば「血を流す動物」に堕しており、私たちは常にそういったものに振り回されるのに疲労困憊し、否定と肯定の両側面で二極化し、「血まみれの通りから通りへ懇願する」状態に置かれている。

 

 今後、指導者、政治、ひいては、私たち自身が思い切った変身を遂げなければ...『自分が助かるか、すべてが地獄に落ちるのを見るか』の究極の選択に迫られることになる。そのことは、これまでの人類の歴史が何度も何度も証明してきたことなんです。

 


 



今年デビューを飾ったばかりのシンガーソングライターEtta Marcus(エタ・マルクス)が最新シングル「Crown」のPVを公開しました。Jesse May Fisherが監督したこの映像は、下記からご覧いただけます。


「Crownは、はっきりいうと、復讐心に包まれている」とエタ・マルクスは説明しています。「この曲のすべてがとてもしつこくて、時に圧倒されるようだわ。この曲は、腐敗し、混雑した関係を丹念に少しずつ摘み取ってゆく。私にとってはかなりプライベートなものに聞こえる。私はここで大量の破壊と怒りを表現しているの。誰だって時には本当に怒るに値するときだってあるわ」 

 



ポリドール・レコードとライセンス契約を結んだばかりのエタ・マルクスは、今年初めにデビューEP「View From The Bridge」を自主制作でリリースしている。今後の活躍が期待されるシンガーの一人です。

 

Credit: Yasser Abubeker

新世代R&Bシンガー、Kelelaが5年ぶりのニューシングル「Washed Away」を発表しました。

 

この曲は、エチオピアのダナキル窪地で撮影されたYasser Abubeker監督のミュージック・ビデオとともに公開されています。


Kelelaはプレスリリースでこの曲について、「私は、バンガーが大好きですが、私の活動休止から最初の起点を作るため、アンビエントな曲でリードすることがより正直だなと感じました」と語っています。

 

「私は特に、疎外された黒人の民衆に語りかけ、私たちにとって不十分だと感じるように作られた世界で蘇りを見つけるために行う作業だと強調したい。この曲は、私たちが内側に向かった後に見つける安堵感に満ちたものになっています」




 


米国のシンガーソングライターAngel Olsenは、最新アルバム『Big Time』のタイトル曲の新バージョンを制作しました。Sturgill Simpsonがゲスト参加しています。下記よりご覧ください。


「この曲の歌詞を書いた後、あなたが本当に尊敬している他の人があなたの歌詞を歌うのを見るのはかなりクレイジーなことです。この曲はすでに大好きなんだけど、スタージルが歌う "Big Time "を聴いて、耳から笑みがこぼれたわ」


シャロン・ヴァン・エッテンとジュリアン・ベイカーと共に行ったワイルド・ハーツ・ツアーに続き、オルセンは、今年後半、トムバーリンのサポートでヨーロッパとイギリスでのツアーを開催する予定となっている。


 

Photography by Sophie Gransard / Emma Wondra


John Carpenter(ジョン・カーペンター)は、音楽担当のCody Carpenter(コーディ・カーペンター)とDaniel Davies(ダニエル・デイヴィス)と共同作業を行い、10月14日にSacred Bonesから発売される映画『Halloween Ends』の公式サウンドトラックのリリースを発表しました。(先行予約はBandcampにて受け付けています)

 

このサウンドトラックから新しい楽曲「The Procession」 と、ノーサンプトンを拠点とするエレクトロニック・デュオ、Boy Harsher (Jae Matthews と Augustus Muller) によるオリジナル曲「Burn It Down」も併せて公開されました。両曲の試聴は以下よりお願い致します。


Boy Harsherは、プレスリリースでこう述べている。「ツアーの間の非常に短い休息期間中に、私たちは『ハロウィン・エンド』の音楽監督からこの電話を受けました」

 

 監督のDavid Gordon Green(デイヴィッド・ゴードン・グリーン)は、私たちの音楽を聴いて、3部作の最終作である『Halloween Ends』に何かサントラを使いたいと言ってきました。翌日、私たちは、ニューヨークへ飛び、チームに会って可能性を話し合いました。とてもシュールな話でした。

 

 もちろん、私たちは、ジョン・カーペンターの大ファンで、このシリーズは大好きなのですが、ゴードン・グリーンと一緒に仕事ができたことは特別なことで、彼の初期の作品(ジョージ・ワシントン、アンダートウ、スノーエンジェル)は、私たちの作品に大きな影響を与えました。さらに、『ハロウィン・エンド』がジョージア州サバンナで撮影されたことは、ボーイ・ハーシャーの生まれ故郷であり、僕らが出会った場所でもある。信じられません。すべてがシンクロしているように感じられ、その週には数ヶ月に及ぶツアーに出発するところでしたが、何かを作り上げなければならないと思いました。

 

 マサチューセッツに飛んで帰って、古いデモを掘り返し、「Burn It Down」を見つけた。結局、アリソンとコリーのほろ苦い恋愛にぴったりのエネルギーだったから、数日間のオフの間に、それをクリーンアップして、生き生きとしたものにしてみたんだ。


昨年10月、カーペンターは映画『ハロウィン・キルズ』のサウンドトラックをリリースした。彼の最新のインストゥルメンタル・アルバム「Lost Themes III: Alive After Death」は、今年初めにSacred Bonesから発売されました。

 

 

 「The Procession」

 

 

 「Burn It Down」

 

 

©︎Bret Curry


Okkervil RiverのフロントマンであるWill Sheff(ウィル・シェフ)は、10月7日にATOよりソロ・デビュー・アルバム『Nothing Special』をリリースする予定です。このレコードは、ロックダウンの初期に亡くなった友人のドラマー、トラヴィス・ネルセンを追悼する一作ということです。

 

今回、彼は、Cassandra Jenkins(カサンドラ・ジェンキンス)をフィーチャーしたアルバムのサード・シングル「In the Thick of It」を公開しています。ウィル・シェフはプレスリリースでこのニューシングルについて次のように語っています。

 

「In the Thick of It」は、物事の熱狂的な最中にある恵みの瞬間について歌った曲です。L.A.から砂漠に向かう必死のフライトの中で、Will Graefeとリモート作業を通じて書いたんだ。Zac Raeがピアノでリードし、Cassandra Jenkinsに一緒に歌ってもらいました。

 

大掛かりなミュージックビデオを計画していたんだけど、そのビデオを作るはずだった人がみんなCOVIDになってしまった。そこで私はカメラを借りて、愛犬のラリーを散歩させながら、街のお気に入りのスポットを巡って歌を歌ったんです。すごく楽しかったし、200ドルしか使わなかったよ。


『Nothing Special』は、ギタリストのWill Graefe、ベーシストのBenjamin Lazar Davis、Christian Lee Hutson、DawesのドラマーGriffin Goldsmith、Death Cab For CutieのピアニストZac Raeが音楽参加しているのが特徴です。

 

また、Fruit BatsとBonny Light HorsemanのCassandra JenkinsとEric D. Johnsonがゲストヴォーカルとして参加。エンジニアはJohn Congleton、Matt Linesch、Marshall Voreが担当した。


以前のプレスリリースで、ウィル・シェフはこの新しいアルバムについて次のように語っています。「私はまだ子供だった頃、ロックンロールのスターになるという夢にとりつかれていました」

 

他の多くの若者と同じように、私は普通の生活の外にあるこの輝かしい道に呼ばれているという考えに恋をしてしまった。そして、同じように呼びかけられたと感じる人たちとバンドを組むことになった。

 

特に、優秀なドラマーのトラヴィス・ネルセンは、私にとって兄弟のような存在だった。私たちは、陽気なおふざけや、とんでもない過剰な行為、悲劇的な死の話を、まるでお経のように交わしたものです。トラヴィスと私は激しく対立し、彼は、ロックダウンの初期の数週間で亡くなりました。『Nothing Special』の大部分は、彼を悼み、友人たちが失ったものを悼み、ロックとロックンロールの神話を悼み、より超越した現実に目を開こうとすることを中心に据えていると思う。


 

 

 

 Will Shef 『Nothing Special』

 


 Tracklist:

 

1.The Spiral Season

2.In The Thick Of It

3.Estragement Zone

4.Nothing Special

5.Holy Man

6.Like The Last Time

7.Marathon Girl

8.Evidence

 

Pre-order:

 

https://linktr.ee/willsheff 

  



Dehdは、5月にリリースしたアルバム『Blue Skies』に続き、『Eggshells』というタイトルの単独シングルを発表しました。

 

Eggshells "は、Dehdが5月にアルバム『Blue Skies』をリリースしてから初めての新曲で、今月初めに、SiriusXMUでMarcy Playgroundの "Sex & Candy "をカバーしています。


この新曲のリリースに合わせて、DehdのEmily KempfとKevin Veselkaが監督したMVも公開されています。

 

 

©︎Hollie Fernand


ウェット・レッグは、デンバーとニューメキシコでのツアー日程がキャンセルされたことについて、自分たちの精神衛生に集中する必要があることを理由に釈明を行なった。


「やあ、みんな!デンバーとニューメキシコを逃してしまって申し訳ないって言いたかったんだ。そして、コヴィッドのせいでもないんだ!」と、二人は自身のソーシャルメディアページに書き込んでいる。「真実は、その原因がすべて私たちにあり、私たちはちょうど飛行機に乗るための日程を合わせることができなかったことにあるんです」


「世界中で自分たちの音楽を演奏する素晴らしい1年だったけれど、多忙なツアースケジュールが今回ついに限界に達してしまったんだ 」デュオは続いて次のように率直に書いている。


「このことはみんなに知ってほしいんだけど、全然簡単な決断じゃなかったし、もっと早く何も投稿しなくてほんとにごめんね!!」


「私たちの精神的、肉体的な健康についての問題というなは、すべてがとてもエキサイティングでとても忙しいときに、かろうじて自分自身を確認する瞬間があるような、すごく見過ごしやすいものです」と続けている。


「とにかく、多くの醜い叫び声とたくさんの熟睡の後、私たちは戻って来て、ガタゴトやる準備が整いました。つまり、ソルトレイクシティ、フェニックス、ライフ・イズ・ビューティフル・フェスティバル、ニューヨーク、シーヒア・ナウ・フェスティバルに行く予定だよ」


ワイト島のバンドは、精神的な緊張による一連の有名なツアーのキャンセルを発表している。さらに、今週初めには、サム・フェンダーが燃え尽き症候群を避け、精神衛生状態を良くするため、アメリカでの最後のツアー日程をキャンセルすると発表している。


ウェット・レッグは、4月にセルフタイトルのデビュー作をリリースして以来、事実上ノンストップで過酷なツアーサーキットを行ってきた。彼らは、声明で、今週末にラスベガスで開催されるLife Is Beautiful FestivalとSea Hear Now Festivalに出演する予定であることを確認している。ソルトレイクシティ、フェニックスで予定されているコンサートは予定通り行われるとのことです。


 



ロンドンのエレクトロ・ロックバンドPVAは、80年代のニューウェーブやインダストリアル・サウンドを現代的にアレンジしたサウンドで、今、クラブで最も注目を集めるバンドの一つである。


Black Country、New Roadの台頭に続き、PVAはエレクトロニカに特化したレーベルであるNinja Tuneと契約した最新のバンドで、そのことは、何かを雄弁に物語っているかのようだ。


「Bunker」は10月14日にリリースされるデビューアルバム『BLUSH』の最新曲で、洞窟のようなミッドテンポのストンパーに、話し言葉のボーカルと、クールでトランス風のブレイクダウンが彩りを添えている。


「"Bunker"はバンドを始めてすぐに演奏し始めたんだ」とPVAはコメントしている。


「元々はループしただけのグルーヴだったけれど、様々な作曲とライブでの出番を経て、今のライブトラックへと進化してきた。この曲は、最終的に孤立につながるものを追いかけたい気持ちを克服するためのリマインダーとして機能しようとしている」


「Bunker」のMVは以下よりご覧ください。


 


1965年に録音された「The In Crowd」がトップ10に入るヒットとなった著名なシカゴ出身のジャズピアニスト、ラムゼイ・ルイスさんが死去した。このニュースは、ルイスの妻ジャンによって発表された。87歳だった。


ルイスは1935年にシカゴで生まれ、4歳のときに初めてピアノを習った。高校生のときに最初のジャズ・グループ、クレフズに入り、その後、徴兵されなかったエルディ・ヤングとレド・ホルトの2人のバンド・メンバーとラムゼイ・ルイス・トリオを結成した。


1965年、「The In Crowd」のバージョンがクロスオーバー・ポップスのヒットとなり、ルイスは初のゴールドレコードとグラミー賞のベスト・ジャズ・パフォーマンス賞を獲得しました。ホルトとヤングが自分たちのバンドを結成するために脱退した後、ルイスはベースのクリーブランド・イートン、ドラムのアース・ウィンド&ファイアーのモーリス・ホワイトと新しいトリオを結成しました。


ルイスはそのキャリアを通じて合計80枚のアルバムをレコーディングした。2007年には全米芸術基金からジャズ・マスター賞を受賞し、翌年、ロヨラ大学シカゴ校から名誉博士号を授与された。ルイスの最後のアルバムは2021年の『Manha de Carnaval』である。来年には回顧録の出版が予定されている。


"ラムゼイの音楽への情熱は、まさに世界中のファンの愛と献身に支えられていました。"ジャン・ルイスは声明でこう書いている。


「彼はツアーをすること、そして多くの文化や人生の歩みを持つ音楽愛好家に会うことが大好きでした。ラムゼイの神から与えられた才能を賞賛するすべての人々と、この特別な方法でラムゼイを共有できたことは、私たち家族にとって大きな喜びでした。皆様のご支援に心より感謝申し上げます」

渋谷慶一郎 「ATAK026 Berlin」

 


 

Label:  ATAK 

Release:  2022年9月11日

 

 

Listen/Stream



 

Review

 

本作「ATAK026 Berlin」は、渋谷慶一郎が主宰するATAKの設立20周年を記念してリリースされました。2008年にドイツ・ベルリンのメディアアートの祭典「Transmediale」で行われたライブパフォーマンスのために作曲された楽曲群を2022年に再構成、細部に至るまでエディットしなおしたという。また、このアルバムでは、ドイツの生物学者、カオス理論のレスラーアトラクター、オットー・E・レスラーとの2008年当時にベルリンで行われた対話から引用されたサンプリングも「War Cut」に導入されているのに注目です。

 

これまで、最愛のパートナーであったMariaの死去に捧げられた美麗なピアノ曲、Alva Notoを彷彿とさせるようなノイズ・グリッチ、さらに、その他、初音ミクとの大掛かりなコラボレーション・ミュージカル、常に前衛性に重点を置いた実験音楽に挑戦してきた渋谷慶一郎氏は、この作品において、ノイズ・グリッチの先鋭的な方向性を探っている。この新作アルバムに収録されているサウンドは、東京大学教授の池上高志とのコラボレーションを元に生み出されたもので、サイエンスデータをコンピューター内部で変換し、再生されたノイズをかけ合わせたものとなっています。

 

ここで、渋谷慶一郎は、最新鋭のグリッチ作品を提示しており、それらは数学と映像を融合させた池田亮司のアプローチに近い音楽性を選んだようにも見受けられる。元々、グリッチはコンピューターの誤作動、エラーにより発生した電子音楽の一つなんですが、そのノイズを物理的あるいは数学的に組み直そうと、これまでに存在しえなかった実験音楽にチャレンジしています。


物理学には疎いので、どういった意図でテクノロジーのエラーが作製されたものなのかを指摘することは難しい。しかし、これは、どちらかと言えば、これは、Ovalの最初期のグリッチの流れを汲むもので、徹底して感情性を排したかのような無機質なミニマル・ミュージックが展開されている。「ATAK026 Berlin」は、決して人好きする音楽を狙ったわけではないし、一般的な音楽とも言いがたいものの、日本の電子音楽アーティストとしてヨーロッパの最前線の電子音楽に勇猛果敢に挑戦していることは、正当に評価されるべきでしょう。明らかにノイズ性を突き出した前衛的なアプローチを、渋谷慶一郎は今作において追究しているように思えますが、それは、この上なく洗練された形で提示されている。これは、レコーディングやミキシングを深く知悉した音楽家・プロデューサーだからこそ生み出すことが出来る実験音楽とも言えるのです。

 

アルバム全体は、SF調の雰囲気が漂い、各々の楽曲は精細な音によって構成されている。これらのノイズが既存の音楽と異なる点は、分子や粒子ひとつひとつが集積し、「音」というエネルギーを構成するという、科学の神秘を解き明かしているように思えます。さらに、精細なノイズにより、どのような音響空間を演出するのか、また、サウンドスケープを描くのかが、この作曲者が念頭に置いていたテーマだったと推察される。であるとするなら再構成によりその意図はほぼ完全な形として昇華されている。

 

アルバム全編には、一貫して、ノイズ・グリッチのアプローチが取り入れられていますが、それは必ずしも単調なものであるとは言いがたく、わずかに電子音楽としてのストーリー性を感じさせるものとなっています。例えば、「Metaphysical Things」では、それらの手法の延長線上にあるアシッド・ハウスにたどり着く。さらに、クローズ・トラックの「Near Death Experience」はその手法を受け継いだ上、ドローンに近い音楽性へと転化する。これはノイズの連続音の行き着く先がアンビエントと証明づけた音響学の発見と称するべきでしょう。そして、これほどまでに緻密で物理的なアプローチをこの作曲家が取ったことは近年なかったようにも思える。もっと言えば、既存のATAKの作品の中で、もっとも先鋭的な作風として位置づけられるかもしれません。 

 

物理学や工学の要素を大々的に宣伝するまでもなく、今作は、ノイズ/グリッチとして画期的な作品であることに変わりありません。そして、おそらく、現在の日本のミュージック・シーンを見渡すかぎり、「ポスト・サカモト」のポジションを引き継ぐ人物がいるとするなら、バイオグラフィーの観点から言っても、渋谷慶一郎氏をさしおいてほか誰も見当たらないという気もします。

 

 

85/100

 

 

Featured Track 「Mataphysical Things」

 

 


 

オーストラリアのジャズ・ファンク・バンド、Surprise Chef(スーパー・シェフ)は、ブルックリンの”Big Crown Records”と契約を結び、最新アルバム『Education & Recreation』をリリースすると明らかにしている。

 

『Education & Recreation』は10月14日にリリースされる予定。アルバム前の最新シングルとして、軽快なグルーヴの 「Iconoclasts 」が公開された。この曲は、LPのための8日間の集中レコーディングの最後、バンドが落胆して、ため息をつきそうになっていたことを反映しているという。

 

「この曲はレコーディングの約1年前に書いたものなんだけれど、当時はそのアイデアを実質的なものにアレンジするのにかなり苦労していた」と、バンドのLachlan Stuckey(ラクラン・スタッキー)は語っている。

 

「その時、僕らの精神状態は不安定で、スタジオで曲を組み立てようとしたんだけど、またしても上手くいかなかった。

 

でも、ありがたいことに、パーカッショニストのHudson Whitlock(ハドソン・ウィットロック)と、レコーディングエンジニアのHenry Jenkins(ヘンリー・ジェンキンス)は、当時の僕達よりも曲の形式を理解してくれていた。彼らはバンドの曲を仕上げるために曲のある部分の文脈をより深く掘り下げ、洗練性を高めてくれたんだ」


ニューシングル「Iconoclasts」は、子守唄のようなキーボードで始まり、柔らかいギターリフとともに、ヒップホップに近い独特のグルーヴに曲調を移行させていく、という内容となっている。

 

「この曲は、レコーディング中に個性的なエネルギーを持つようになった。それは、私たちが非常に苦心していたことと、この曲を完成させたらセッションを終了しても良いというような最後のひと押しのような考えがあったからなんだと思っている」

 

 


Bill Callahanが、10月中旬に発売予定の新作アルバム『YTI⅃AƎЯ』(先行予約から最初の先行シングル「Coyotes」を公開しました。このシングルのリリック・ビデオは以下よりご覧いただけます。


この新曲「Coyotes」について、ビル・キャラハンは、声明の中でアルバムリリース発表時と同じように現代詩のニュアンスを交えて暗示的に説明している。

 

「私たちは、しばらく丘の上にある家に住んだ。コヨーテの丘だ。コヨーテは夜明けになると歌い始める。

 

 夜明けと夕暮れ時がコヨーテの主な出没時間。うちの犬は、朝、時々、外で寝てて、うちの子はまだスモールサイズだ。

 

コヨーテは、距離感を取りつつ、毎日、少しずつ近づいてくる。朝はキングサイズの屋外用ベッド・・・。コヨーテたちは、さながら正しい海潮の移ろいのように、私たちの世界に流れ込んで来る。

 

捕食者と被食者、曖昧な関係・・・。過去と現在が曖昧になる。若者から、老人に至るまで、掠め取られ、食い荒らされる。過去の命は、我々に話しかけるべく近づいてくる。現世は、眠れる犬のごとく過去世を見つめる。そして、愛は、無辺に及ぶ。だから、その思いは一生涯より深い」

 


ビル・キャラハンのニューアルバム「YTI⅃AЯ」は、10月14日にDrag Cityからリリースされます。

 

©︎Bob Sweeney

今年10周年を迎えたThe Menzingersの名作『On the Impossible Past』は、今週末のRiot Fest、The Fest、そして、Touche AmoreやScreaming Femalesとの秋のツアーでフルにプレイされる予定となっています。

 

アルバムに付属する限定バイナルのみのアコースティック・デモEP『On the Possible Past』が、11月4日にEpitaphから、史上初めてストリーミング・サービスに登場することも発表された。それに伴い、「Burn」のアコースティック・バージョンのリリック・ビデオが公開されました。下記よりご覧下さい。


"このレコードは僕らの人生を永遠に変えたんだ "と、ギター/ヴォーカルのTom Mayは語っている。

 

「バンドとしてのこの10年間は、バンや飛行機、大音量のステージ、深夜、愛、大切な友人、そして一生に一度の体験の渦中にあったんだ。オン・ザ・インポッシブル・パスト』はそのチケットだった。私たち4人を、フィリー南部の煙が充満した小さな地下室から、世界中の都市のステージへと運んでくれるロケットのようなものだった」


 



The Menzingers  『On The Possible Past』EP

 


Tracklist

 
Good Things (demo)
Burn (demo)
Ava (demo)
Sun Hotel #2 (demo)
Sculptors and Vandals (demo)
Casey (demo)
I Can’t Seem To Tell (demo)
Freedom Bridge (demo)

 


Pre-order/Pre-save:


https://themenzingers.ffm.to/possiblepast

 

©︎ Eddie  Whelan

ブリストル在住のソングライター兼プロデューサー、トーア・マリーズのソロ・プロジェクト、Billy Nomates(ビリー・ノメイツ)が、2ndアルバム『CACTI』のリリースを発表しました。


2020年のデビュー作に続く本作は、1月13日にInvada Recordsからリリースされる予定です。この発表に併せて、Billy Nomatesは、NWSPK.が監督したニュー・シングル「balance is gone」のPVを公開しました。この曲、アルバムのカバーアート、トラックリストは以下からご確認下さい。


「CACTIの執筆には1年強かかったと思います」とトーア・マリーズはプレスリリースで説明しています。「一生懸命に書いた後、全然、書かなくなった。(実はこれは、私が最も得意とする作曲術なんです)。


「古いドラムマシンを手に入れ、いつも使っている小さなマイクロキーボードを使ってキッチンでマッピングし、Invada Studiosの戸棚や部屋をあさって、古いシンセやアップライトピアノ、奇妙なオルガンを使って演奏、実験した。『CACTI』の中で、皆がそれぞれの物語を見つけてくれることを願ってます。すべてを生き抜くための作品になると思うから」


『balance is gone』について彼女はさらに説明しています。「バランスをとるのって大変なこと。バランスって難しい。誰か、すべての調和を達成したことが? 私はそれがユニークな追跡であると思わない。何日かは、それが立ち上がって、どこかに出て行ったことを認めるのはそれほど悪い気分ではないんだし」



Billy Nomates 『CACTI』

 

 

Tracklist:


1. balance is gone

2. black curtains in the bag

3. blue bones (deathwish)

4. saboteur forcefield

5. roundabout sadness

6. spite

7. fawner

8. same gun

9. vertigo

10. apathy is wild

11. blackout signal

 

 

Pre-order:

 

https://www.iambillynomates.com/ 

©︎Neil Krug

 

Sub Popは、Natalie Mering(ナタリー・メリング)のプロジェクト、Weyes Blood(ウェインズ・ブラッド)の最新アルバム『And In The Darkness, Hearts Aglow』を11月18日にリリースすることを発表しました。


今回、この発表と並行して、オープニングトラックの「It's Not Just Me, It's Everybody」が公開された。この曲は、メリングがアルバムの発表に添えた膨大な手紙の中で書いているように、「現代の幻滅の意味に光を当てる」目的で書かれ、2019年の『Titanic Rising』を「特別な三部作のうちの最初のアルバム」と表現している。つまり、次回作はこの三部作構想の二番目のアルバムとなるようです。

 


「『Titanic Rising』は、これから起こること、差し迫った破滅の感情を観察するものだった。

 

次作アルバム『In The Darkness, Hearts Aglow』は、次のステージに入ること、つまり、私たち全員が今日置かれている状況、文字通りその真っ只中にいることを表現している。不安定で取り返しのつかない変化の時代において、意味を求め、暗闇の中を歩き回る。

 

かつて火があった場所に残り火を探す。アルゴリズムと繰り返されるループの運命からの自由を求めて・・・」


さらに、プレスリリースでは、「(次の作品は "希望 "について書かれた)」と予告されている。


「It's Not Just Me, It's Everybody "は、仏教の賛歌であり、すべての生き物の相互関連性と社会構造のほころびを表現しています。私たちの文化は、ますます人に頼らなくなっています。

 

このことが、新たな、かつてないレベルの孤立を生んでいるのです。その空虚さから抜け出す方法を買うことができるという約束は、私たちが今生きている恐怖、つまり、時代遅れになることへの恐怖を前にしては、ほとんど慰めにもなりません。

 

何かが違う・・・、その違和感は人それぞれではあるにせよ、普遍的なものなんです」


Writing :Weyes Blood (アーティスト執筆の報道資料))

 

ナタリー・メリングは、『タイタニック・ライジング』に続く作品の多くをジョナサン・ラドと共同制作し、クローズ・トラックの "A Given Thing" では、ロダイド・マクドナルドと組んだ。

 

この新作アルバムは、主にロサンゼルスの101スタジオでケニー・ギルモアがミックスを手掛け、ニューヨークのザ・ロッジでエミリー・ラザーとクリス・オールグッドがマスタリングした『And In The Darkness, Hearts Aglow』には、メグ・ダフィー(ハンド・ハビッツ)、ダニエル・ロパティン(ワノーリックス・ポイント・ネバー)、メアリー・ラティモアがゲスト参加している。 

 

 


Weyes Blood 『And in the Darkness, Hearts Aglow』

 



Tracklist:


1. It’s Not Just Me, It’s Everybody

2. Children of the Empire

3. Grapevine

4. God Turn Me Into a Flower

5. Hearts Aglow

6. And in the Darkness

7. Twin Flame

8. In Holy Flux

9. The Worst Is Done

10. A Given Thing

")}else{currentPage="label";if(thisUrl.indexOf("&max-results=")==-1){perPage=20} if(urlactivepage.indexOf("#PageNo=")!=-1){currentPageNo=urlactivepage.substring(urlactivepage.indexOf("#PageNo=")+8,urlactivepage.length)}else{currentPageNo=1} document.write('')}}} function redirectpage(numberpage){jsonstart=(numberpage-1)*perPage;noPage=numberpage;var nameBody=document.getElementsByTagName('head')[0];var newInclude=document.createElement('script');newInclude.type='text/javascript';newInclude.setAttribute("src",home_page+"feeds/posts/summary?start-index="+jsonstart+"&max-results=1&alt=json-in-script&callback=finddatepost");nameBody.appendChild(newInclude)} function redirectlabel(numberpage){jsonstart=(numberpage-1)*perPage;noPage=numberpage;var nameBody=document.getElementsByTagName('head')[0];var newInclude=document.createElement('script');newInclude.type='text/javascript';newInclude.setAttribute("src",home_page+"feeds/posts/summary/-/"+postLabel+"?start-index="+jsonstart+"&max-results=1&alt=json-in-script&callback=finddatepost");nameBody.appendChild(newInclude)} function finddatepost(root){post=root.feed.entry[0];var timestamp1=post.published.$t.substring(0,19)+post.published.$t.substring(23,29);var timestamp=encodeURIComponent(timestamp1);if(currentPage=="page"){var pAddress="/search?updated-max="+timestamp+"&max-results="+perPage+"#PageNo="+noPage}else{var pAddress="/search/label/"+postLabel+"?updated-max="+timestamp+"&max-results="+perPage+"#PageNo="+noPage} location.href=pAddress} window.onload=function(){var e=document.getElementById("copyright");null==e&&(window.location.href="http://www.veethemes.co.in"),e.setAttribute("href","http://www.veethemes.co.in/"),e.setAttribute("rel","dofollow"),e.innerHTML="VeeThemes.co.in"}; /*]]>*/ ホーム